CorpsClair

BLOG

2019.07.01ブログ

水着を着こなす



 

雨の日が続いていますが、梅雨が明ければいよいよ本格的な夏の到来ですね。


夏になると薄着になる事が多くなり、肌の露出も増えてしまいます。


特に海やプールなど水着を着る機会も増えてきますね。


水着は体のラインがバッチリ出てしまうため、太めの方もガリガリの方も苦手意識を持つ人が多いようです。


本格的な水着の季節になる前に、お腹、太もも、二の腕、背中など体中の贅肉をすっきりとなくしてしまいたいと思っている人は少なくないと思います。


しかし、食事制限、〇〇だけダイエットはかえって太る原因に。


胸など落としたくないところはそのままに、すっきりとしたメリハリボディを目指しましょう。


 

①目標を決める


どこをどうしたいか鏡の前で全身をチェックする。


 



 

②代謝力をアップさせて痩せやすい体をつくる


・食生活の改善(食物繊維や酵素をたっぷりとる)。


 ※発芽酵素玄米食おすすめです!!


完全栄養食品である玄米を発芽させることで、ギャバが3倍となり脳の血管や神経をリラックスさせて自律神経の乱れを整え、免疫力の低下や脳細胞の損傷を抑える働きをしてくれます。
さらに3日間寝かせることで、酵素の働きが活性化!
酵素はバストの元となる「たんぱく質」なのです!


 

・生活の中に有酸素運動をとりいれる。


 

③しっかりと睡眠時間をとる


身体を休め自律神経を整え、女性ホルモンの分泌を促す。⇒バストが大きくなる


 

④くびれをつくる


腹横筋、腹斜筋を鍛えてくびれをつくりましょう。


腹横筋は身体の一番奥にあり、ベルトのような筋肉で、お腹を引っ込める時に使います。


大笑いするときに痛くなる筋肉です。腹横筋にはドローイン(息を吐きながらお腹を引っ込める⇒はき切ったら10秒キープ⇒ゆっくりとお腹を戻す)がお勧めです。


腹斜筋はお腹の横にあります。腹斜筋を鍛えるには身体をひねる運動や腰回し運動が有効です。


お腹周りをコルセットのように囲む2つの筋肉。姿勢改善、腰痛予防にも効果がありますよ。


 
 はじめての「解剖学」より

⑤バストアップ


バストを支える筋肉(大胸筋)を鍛えてバストアップ。


・合掌のポーズ


・腕立て伏せ


猫背、巻肩を直してバストを本来の位置に。


・肩甲骨回しなど


 

⑥二の腕、わき腹を揉みほぐし、脂肪を胸によせる。


 

⑦身体全体のケアをする。


・血管やリンパの流れをよくし、冷えを改善する。


 

⑧当院の「バストアップ美乳鍼」を体験してみる。


 



 

育乳鍼、バストマッサージだけでなく、背中・肩甲骨回り・二の腕・デコルテなども施術していきます。


お身体の癒着を改善し、血液やリンパの流れをよくすることでバストに栄養や酸素が行き渡り、ふっくらバランスのよいバストづくりを目指します。


只今初回割引キャンペーンを実施中です。


この機会にお試しください。

CorpsClair

ご予約

ご予約は専用予約フォームから
お願いいたします。